甲府で地産地消にこだわった居酒屋|炭火ナチュラルだいにんぐ ぐらがら

二日酔いしないお酒の飲み方

居酒屋で仲間と飲むお酒の席はとても楽しいですが、つい飲みすぎてしまうと二日酔いが心配になります。せっかくの休みを二日酔いで過ごすのはもったいないと感じている方が多いのではないでしょうか?二日酔いをしないようにするためには、飲み方を工夫することが大切です。二日酔いになるメカニズムを知り、ちょっとした工夫を加えるだけで、二日酔いを軽減することができます。

二日酔いになるメカニズム

二日酔いになるメカニズム

一般的に、脱水症状と低血糖が二日酔いを引き起こす原因とされています。二日酔いになると、頭痛や吐き気、だるさなどの症状を感じる方は多いと思います。

また、お酒を飲むとトイレに行く回数が増えるという方も多いのではないでしょうか?脱水作用のあるアルコールを摂取することで、トイレに行く回数が自然と増え、体内の水分が少なくなると頭痛が起きることもあります。

さらに、飲酒をすると体の調整に必要なカルシウムやミネラルなどが尿と一緒に体外へ排出されてしまい、脱力感や疲労感が生まれてしまいます。肝臓はアルコールを大量に摂取すると、エタノール(アルコール)代謝を優先してしまうため、低血糖状態になります。

これを補うために、体内ではグリコーゲンやアミノ酸が使われ、さらにアルコールを分解するために大量のビタミンが消費することで、めまいや倦怠感など二日酔いの症状を引き起こしてしまいます。二日酔いにならないようにするためにも、飲み方を工夫することが大切です。

二日酔いを防ぐ最も重要なキーワードは「水」

最も簡単に二日酔いを防いでくれるのが水です。水を摂取することにより、体内に入るアルコール濃度を抑えることができ、体内で適切に処理できるため、二日酔いが起こりにくくなります。水が二日酔いを防いでくれることをご存知の方は多いと思いますが、特にタイミングや飲み方は重要なポイントです。ベストなタイミングとされているのが、お酒と一緒に摂取する方法です。

ただ、ストレートでお酒を飲んだ後に、水を飲むのでは二日酔いを防ぐことには繋がりません。濃いアルコールが水よりも早く胃へ到達することで、少量でも濃いまま体内に吸収され、血中のアルコール濃度を上昇させてしまいます。そのため、ロックやストレートが好きな方でも、二日酔いを避けたい時は水で割ってから飲むことをおすすめします。

飲み会の後半に強いお酒を飲まない

飲み会の後半に強いお酒を飲まない

飲み会も後半となり、酔いがまわってくると、ついつい度数の強いお酒を頼んでしまう方もいるのではないでしょうか?実はこれが二日酔いの原因となっていることがあります。

人は酔うことで感覚が麻痺してきますので、普段の状態では飲めない度数の強いお酒でも飲めてしまうようになります。また、お酒の種類を変えると美味しく感じるため、飲みすぎてしまうことがあります。

度数が高くなるとお酒として飲んだ量は同じでも、アルコール摂取量が多くなってしまうので、二日酔いになってしまいます。二日酔いにならないようにするためには、飲み会後半に強いお酒を飲まないようにすることが大切です。

甲府昭和高等学校近くにある炭火ナチュラルだいにんぐ ぐらがらは、山梨の地酒や甲州ワインボトルが楽しめる居酒屋です。静かにお酒や料理を楽しみたい方には個室がご利用いただけますし、宴会など大人数で集まる時は貸切にすることも可能です。居酒屋で人気飲み放題メニューもございますので、ぜひご利用ください。